メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『NPO法人 子育て応援隊ココネットあおもり』様青森県 / 助成金額:400,000円

目録贈呈の様子

活動名

乳幼児の親子を支えるスリーステップ・サイクル事業

概要

ココネットあおもりが行う「スリーステップ・サイクル」とは、NPプログラム(親の学びの場)、ホームスタート(家庭訪問型子育て支援)、ココかれっじ(子育て応援ルーム・多世代交流広場)の、「学ぶ」「寄り添ってもらう」「集う」の3つの選択肢があり、「集う」⇒「学ぶ」や、「寄り添ってもらう」⇒「集う」など、入口は違っても複数の事業に参加することで、母親が社会とつながり、仲間が増え、子育てを楽しめるように応援します。

中間報告
NPプログラム

中間報告

201707/31

NPO法人子育て応援隊ココネットあおもり 中間報告(2017年1月31日 現在)

[活動に至る背景]

近年の核家族化により、青森市でも子育て家庭、特に母親への子育ての責任や負担が大きく、高ストレスから虐待に発展する可能性があります。

平成26年5月青森県子どもと子育てに関する調査委員会が行った「子どもと子育てに関する調査結果報告書」によると、子どもに対する虐待の意識という項目で、「自分が子どもに虐待しているのではないかと感じたことがあるか」との問いに、男性18.8%、女性36.9%が「ある(あった)」と回答しています。

行政でもさまざまな支援を行っているが、まだ十分に支援が行き届いていない現状があり、当事者の視点に立った民間レベルでのピアサポートの必要性を感じています。

[活動状況]

スリーステップ・サイクルとして、乳幼児の親を対象に「NPプログラム」、「ホームスタート」、「ココかれっじ(子育て応援ルーム・多世代交流広場)」を実施する中で、事業に関わるスタッフのスキルアップを目的に、以下の研修に参加しました。

①HSオーガナイザー・フォローアップ研修(9/19・東京)2名

②全国子育てひろば実践交流セミナー参加(10/29.30・長野)5名

[成果(アピールポイント含)と反省点]

ホームスタート(家庭訪問型子育て支援)のオーガナイザーが1名増え活動を開始し、2名がフォローアップ研修を受け、活動の留意点やマニュアル内容を再確認した。これにより、その後、自団体で開催した「HSホームビジター養成講座」に生かすことができた。また、青森市は冬場に雪で外出が困難になり、ホームスタートのニーズが増える状況にあるので、オーガナイザーが増えたことにより、利用の申込にスピーディーに対応できるようになった。

 ひろば全協主催のセミナーにココかれっじ・スタッフが5名参加したことで、広場の役割や今後の利用者支援について学ぶことができ、他地域の広場関係者とも交流できた。参加したスタッフは、自団体で行っているココかれっじ(子育て応援ルーム)の地域資源としての役割と必要性を実感し、親子の集まる場の提供を継続して行っていこうという意欲に繋がった。

  • NPプログラム
  • ホームビジター・スキルアップ
  • ココかれっじ・ミニ講座
  • ココかれっじ・ミニイベント
現在位置は
このページのトップへ戻る