メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『認定NPO法人 ロージーベル』様宮城県 / 助成金額:430,000円

目録贈呈の様子

活動名

問題を抱える子ども支援の促進の為の情報発信とネットワーク構築

概要

当法人は、非行など様々な問題を抱える少年の自立更生に向けた支援を行う「少年の家」の運営を中心に、電話相談や少年院DJ、チャリティイベントの開催など、子どもの健全育成に係る幅広い活動を行っています。
今回は、これらの活動をさらに充実させるため、子ども支援をテーマとする市民向け講演会並びにボランティア養成講座の開催、子ども支援に不可欠な関係機関・団体との連携強化のための連絡協議会を開催します。

中間報告
第11回連絡協議会1

中間報告

201709/21

NPO法人ロージーベル 中間報告(2017年2月10日 現在)

[活動に至る背景]

非行等の問題を抱える子どもの支援には、関係機関・団体等とのネットワークによるきめ細やかなサポートならびに地域住民の理解と協力が不可欠である。このため、当法人では、2015年度からNPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンドの助成を受けて、市民向けの講演会や講座の開催、関係機関・団体との連絡協議会の開催、当法人のニュースレターの発行を通して、問題を抱える子ども支援の促進のための情報発信とネットワーク構築に努めており、今年度は更なる拡充をめざしている。

[活動状況]

(1)ニュースレター「ロージーベルだよりVol.13」の作成・配布

2016年12月、活動報告会報を1000部作成し、法人オリジナルのクリスマスカードとともに、会員、支援者、関係機関・団体、講演会・講座参加者等(約700名)に送付・配布。また、少年院DJ15周年記念イベントに参加いただいた有志・アーティスト(約200名)、全国約60箇所の少年院・少年刑務所等にもイベントCDとともに送付。

(2)関係団体連絡協議会の開催準備

2017年2月18日に開催する第11回関係機関団体連絡協議会開催について、関係機関・団体約20箇所に案内を送付。今回の連絡協議会では、子どもの居場所や各法人が抱える問題点とその解決法等について、更には連携の在り方などの情報交換を行う予定。

[成果(アピールポイント含)と反省点]

今回は活動報告会報(ニュースレターvol.13)を1000部発行し、会員、支援者、関係機関、団体等のみならず、イベント参加者や少年院、市民の方々へも幅広く配布した。活動報告会報の内容も、今回は特に、ハウスで生活する少年二人の手記「少年の声」(入居するまで、ハウスでの生活、今後の思いなど)、また寮母から見た少年の様子「寮母の声」を盛り込み中身の濃いものとした。ニュースレター配布後は、会員や寄付者等から寄付金や物品寄付が数多く寄せられ、反響の大きさを実感した。ただ、今回はかなりタイトスケジュールでの作業となったため、次回からは余裕をもって臨み、内容についてもブラッシュアップしていきたい。

2016年度の助成事業としてはまだニュースレターの発行にとどまっているが、今後、関係団体連絡協議会、講演会、ボランティア養成講座の開催等を予定しており、2015年度同様に確実に実施し、子ども支援への理解と協力について積極的に情報発信し、また関係機関・団体等のネットワークを更に強固なものとし、問題を抱える子どもが一人でも減少するよう活動を進めてまいりたい。

  • 第11回連絡協議会1
  • 第11回連絡協議会2
  • 第11回連絡協議会3
  • 第11回連絡協議会4
現在位置は
このページのトップへ戻る