メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『NPO法人 女のスペース・ながおか』様新潟県 / 助成金額:500,000円

目録贈呈の様子

活動名

虐待や性暴力・DV家庭で育った子どもと親のケア支援

概要

当法人では、活動当初から小さなシェルターを運営しています。そこに母と来所する子どもたちの姿を目の当りにして、何とかしたいとの思いはありましたが、人的・経済的資源が絶対的不足状況にあり、歯噛みする思いを抱えて活動してきました。ここで親と子どもをトータルに支援しながら、暴力や虐待の連鎖を断ち切っていくためのケア体制を作りたい。そのため、先ずは広く市民対象の啓発講座と当団体を代表する講師陣による支援者養成講座を開講し、協力者を増やしていきます。

中間報告
熱く語られる講師の話に聴き入る皆さん

中間報告

201709/21

特定非営利活動法人女のスペース・ながおか 中間報告(2017年2月17日 現在)

[活動に至る背景]

当法人は「女性と子どものための相談支援活動」を展開して17年目となる。ここ数年の年間相談件数は1400件前後である。内訳は離婚・夫婦関係が55%、家族関係を加えると70%を占めるが、そこにはほとんど「子ども」の問題が絡まっている。子どもたちの様子を見るにつけ、子どもも一人の当事者として支援される必要があることを痛感する。一方で困難な道に踏み出した母親たちからのSOSも見過ごすことは出来ない。出来るだけ早い時期に、母子共にダメージやトラウマからの回復をはかることが、その後の親子関係の安定や社会適応力につながると実感した故である。

[活動状況]

2016年12月11日(日)に啓発講演会として、「子どもへの暴力防止-子どものこころに安心の芽を育てるために-」を講師に渡辺久子氏を迎えて開催。県内各地から53名の参加者があり、こころに深い感銘の輪が広まった。その折「-DVや虐待家庭で育つ・育った子どもと親へのケアと支援-」[3月5日(日)~6月25日(日)全8回]支援者養成連続講座の募集要項を配布し広報活動の一環ともした。現在[2月15日(月)]22名の応募者がある。講師陣は全国トップレベルの方々を招聘しており前評判が高い。また単コマでの受講希望の多かった「児童生徒への性暴力防止教育」を公開講座とした。

[成果(アピールポイント含)と反省点]

事業全体テーマを「-虐待や性暴力・DV家庭で育つ又育った子どもと親のケア支援-」とし、広く社会に子どもや親の置かれている状況を知ってもらうことを目的に、先ず「啓発講演会」を開催した。講師の渡辺久子医師は、現在世界の乳幼児学会(LIHE DEVELOPMENT CENTER)の理事を務めておられ、長らく慶應病院の小児精神科医として子どもたちを見ておられた方である。参加対象を長岡地域に限るのはもったいないとの思いがあり、マスコミを通じて一般に呼びかけ、ネットワークをフル活用し、県内の支援関係部署や関係者への案内もした。その結果、上中下越からの参加が得られた。しかし、当日生憎の悪天候となり欠席者が出たのが残念であった。現在は本事業の目玉事業である「DVや虐待家庭で育つ・育った子どもと親へのケアと支援」支援者養成連続講座の準備中である。現在22名の受講者が決定しているが、広報活動続行中であり、問い合わせも続いている。連続8回の講座であり受講するにはそれなりの覚悟と見識が必要であることを考えると、申込者数としては評価できる数値である。また、単コマ受講の問合せがあり、しかし養成講座の趣旨を考えるとそれを受け入れることは難しい面もあるが、教育研修の機会として京都教育大学の関口氏の「児童生徒への性暴力防止教育」の1コマのみ公開講座とする事とした。時機を見て学校関係者等への公開講座用案内チラシを作成予定である。

  • 熱く語られる講師の話に聴き入る皆さん
  • 県内各地から多くの参加者が集まった
  • 関係機関へチラシ500部配布、好評募集中
現在位置は
このページのトップへ戻る