メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『NPO法人 プラスワン』様富山県 / 助成金額:330,000円

目録贈呈の様子

活動名

夢を育てよう! 発達障がい児の夢育(ゆめいく)プロジェクト

概要

発達に障がいを持つ、あるいはその境界線にいる子どもと子育てに悩んでいる保護者を対象に、月に1度の活動日を設立します。その理由は、学校など大人数の中では落ち着けない子どもたちが、安心して活動できる居場所作りと体験を通しての仲間作りのためです。活動内容としては調理・おやつ作り・クラフト・外出などにより、同じ悩みを持つ保護者が勉強会に参加し、子育ての先輩の体験や講師のアドバイスをもらうことで子育てに自信を持って頂くための取組を推進します。

中間報告
できたね、手作りピザ

中間報告

201709/21

NPO法人プラスワン 中間報告(2017年1月25日 現在)

[活動に至る背景]

発達障がいと診断された子ども、診断を受けていない、いわゆるグレーゾーンにいる子ども、これらの児童の数は生徒数の約1割と言われており、子どもたちは学校や家庭で適切な関わりがないと大人から注意を受けたり周りにからかわれることが多く、自分ばかりがどうしてと悩む児童も多い。また、保護者もわが子のことで悩み、周囲に理解を求めている。発達障がい児への支援は福祉や教育はもちろん、身近に自分のことを理解してくれる、暖かく見守ってくれる大人の存在が大切と考える。子どもたちが自己肯定感を高め自立していくこと、調理、モノづくりその他の活動を通し仲間づくりをするための居場所を作りたいと考えている。

[活動状況]

9月より月に1回の日曜日に活動している。3~4組の親子が参加し、講師の先生やボランティアとふれあいながら課題に取り組んでいる。保護者は子育て相談会を開催。講師は発達障がい専門の先生や相談員が個人的に来てくれており、その方に子育ての悩みを話し、適切な関わり方や学校との連携の取り方について学んでいる。また、子どもたちは保護者のそばで講師の先生やボランティアと昼ごはん作りや工作等行なっている。昼食は子どもたちが作った物を全員で食べる。子どもたちはできたこと、がんばったことをほめられている。計画では開催時間は10時~15時であったが子どもたちは長すぎるという意見もあり、最近は2時頃には解散している。

[成果(アピールポイント含)と反省点]

当初5組の家族が来ることを想定していたが、現在3~4組の参加である。ただし、兄弟で参加する家族もあり適切な人数である。午前中は保護者と子どもたちは分かれて活動する。保護者向けに発達の専門の先生に来ていただき子育て相談会を開催、障がいを持つ子どもの親が悩んでいることを話し合い講師からアドバイスをもらっている。子どもたちはその間ボランティアと一緒に調理を行っている。未就学児もできることを行っている。(子どもを指導するボランティアは大変である)苦労して作った食事を親子、講師、ボランティア全員で食べる。午後からは絵本館の講師に来ていただき親子で工作をしたり、手品を見たりと親子で過ごしている。

今後の課題は2つある。

①保護者の悩みは子どもとの関係のみでなく、学校の先生や地域での過ごし方等多彩である。これらの悩みをただその場でその人だけの悩みととらえるのではなく、関係機関等とつながりを持ち、ひとつづつ解決していきたい。

②活動を広めること。一人で子育てに悩んでいる人に伝えたい、訪問や関係機関にもこの活動を知ってもらい周知すること。この活動で保護者同士が親しくなり、メール交換をしたりしているのを見ると障がいがあるからと一人で抱えるのではなく子育てはみんなでしていくものだと感じる。

  • できたね、手作りピザ
  • ハロウインケーキをお母さんにプレゼント
  • オリジナルクリスマスケーキ寿司作り
  • 身体を使って遊ぼう&たこ焼きづくり
現在位置は
このページのトップへ戻る