メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『NPO法人 ヒューマン支援ネット』様広島県 / 助成金額:420,000円

目録贈呈の様子

活動名

経済的困難を抱える家庭の子どもたちの学習支援と 居場所づくり

概要

宿題や勉強で困っていることはありませんか。「ここが解らない」そんな子どもたちのために、みんなで一緒に宿題や勉強をします。勉強の仕方や、悩み、将来の夢などを講師と語り合い、アドバイスが受けられ、また、同世代の子どもたち、ボランティア、地域の人たちとの交流を通して、困難な状態にあっても、夢をあきらめず、子どもが将来に希望を持って活躍できるように、学習支援と居場所づくり、交流の場を提供します。

中間報告
健康講座

中間報告

201709/21

NPO法人ヒューマン支援ネット 中間報告(2017年2月17日 現在)

[活動に至る背景]

子ども(20歳未満)の貧困率は上昇傾向にあり、今や子どもの貧困は6人に1人が貧困状態にあると言われている。親の働き方によって、子どもの学習を見てやれない、話し相手にもなれないなど、親の愛情を受ける機会の少ない子どもたちが、学校以外でどれだけのサポートが得られているかが、子どもたちの学力を大きく左右している現状もあり、貧しさから抜け出せないケースが多く「貧困の連鎖」を生み出している。

貧困の世代間連鎖を断ち切るためには、意欲やコミュニケーション能力の向上など、家庭教育も必要となっている中で、地域や行政の動きを知り、情報収集を進め、生活困窮家庭への学習支援事業を実施することとした。

[活動状況]

・9月末~11月末:事業実施にあたり協力していただく任意団体、廿日市市、社会福祉協議会、大学生の講師ボランティア団体、民生委員等と実施場所と時間帯、対象者、運営方法、広報等について8回の打ち合わせを開催。募集チラシを作成し廿日市市関係機関や民生委員に配布

・12月:学習支援実施場所の職員、コミュニティ責任者と実施について話し合い、中学校長会でチラシを配布し実施について説明と案内

・学習支援ボランティア(大学生、一般市民)、保護者(子ども同伴)に説明会を開催

・12月12日から、学習支援を開催

[成果(アピールポイント含)と反省点]

現在はまだ成果が出ていません。反省点としては

・学生ボランティアとの打ち合わせがなかなかできず(授業との関連)、実施曜日と時間帯の決定が遅れ、広報が送れた

・12月から開始としたので、学校は冬休みと重なり、家庭では年末の忙しさと重なり、応募者がほとんどなし

・学校からの連絡で本当に参加してほしいと思う子どもたちは、最初の一歩が踏み出せないで、参加したいとの希望はあるが、なかなか出てこられない。このような状態の子どもたちに来てもらうにはどうしたらよいか

・3月が学年の区切りとなるので12月~3月で募集した。4月からも継続して事業は実施するという保護者への説明で、4月から参加するという子どもが多い説明会では8月末までの予定を配布

  • 健康講座
  • メンタルヘルス講座
  • 傾聴
  • ペアレントトレーニング
現在位置は
このページのトップへ戻る