メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『一般社団法人 エンパワメントみやざき』様宮崎県 / 助成金額:500,000円

目録贈呈の様子

活動名

里親のための親教育プログラムとフォローアップ指導

概要

里親が、ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング親教育プログラムを学び練習することで、子どもの問題行動を予防することや子どもに行ってほしいことを具体的に話して練習し、その行動が見られたら具体的に誉めるという行為を繰り返すことで里親と子どもの信頼関係ができ、子ども自身が適切な社会スキルを多く身に付けていくことにつなげていきます。活動内容は8回の連続講座(週1回)とフォローアップ研修を2回実施します。

中間報告
CSPプログラムの様子1

中間報告

201709/21

一般社団法人エンパワメントみやざき 中間報告(2017年2月16日 現在)

[活動に至る背景]

児童虐待がついに10万件(2015年)に届き大きな社会問題になっております。厚生労働省は、児童虐待などにより親と暮らせない子どもの「社会的養護」をめぐり、児童養護施設や乳児院から里親制度へ全面的にシフトしました。しかし、里親を希望しても教育力アップやフォローアップ研修が充実していないのが現状です。子どもの対応に悩んでいる里親の親教育プログラムの開催及びフォローアップを1年間かけて実施することで、里親としての自信と子どもとの良い関係が築かれる可能性が高まります。そして養護された子ども自身が社会に適応し、自己管理ができるようになることを目指します。

[活動状況]

2016年9月29日より12月1日【毎週木曜日(第2回は金曜日)10:00~12:00】まで、社会福祉法人カリタスの園竹の寮において「ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング幼児版(以下CSP)」の8回の連続講座を開催しました。講師は竹の寮の職員でCSP幼児版上級指導者が行いました。講座受講後のフォローアップ研修を2017年1月16日(月)に開催しました。全9回の参加者は55名(大人44名、子ども1名、保育児10名)でした。

[成果(アピールポイント含)と反省点]

成果

宮崎県内の里親または里親を希望している方、里親支援の方に案内をしました。特別養子縁組の方、専門里親の方、里親の方、「ふれあい家庭」の方、未受託の方など6名の方に参加いただきました。子どもの年齢はそれぞれ違っていましたが、子どもとさらに良い関係を作って子育てを行いたい、新しい養育スキルを学びたいという事が共通していました。これまでに連続講座8回と1回のフォローアップ研修を行っています。各回で学んだCSPの教育法を、ご家庭で実際に子どもに使ってみて(子どもがいない方は、児童館の子どもたちなど)子どもの行動の変化を次の回に報告しました。それぞれのご家庭の様子を参加者同士共有することでき、仲間意識が生まれ、講座終了後に交流が始まっています。受講後の感想として「子どもと良い関係を築くためにほめることの大切さに気付くことが出来た」「自分自身が落ち着いて子どもの問題行動に対応することが出来た」などがありました。また、CSPを施設全体で使っているカリタスの園竹の寮の職員が講師を行いましたので、実際に児童養護施設内で子どもたちにCSPを使っている様子を見たり聞いたりすることが出来ました。

反省点

募集期間が短かったことと、チラシの配布だけでは、実際の受講につながりにくかったと思います。

次回講座(5月開始)では参加者募集を工夫して多くの方に受講いただけるように準備をしていきたいと思います。

  • CSPプログラムの様子1
  • CSPプログラムの様子2
  • 参加証明書授与 
  • 保育の様子
現在位置は
このページのトップへ戻る