メニューボタン

ドコモ市民活動団体助成事業

公募による市民活動団体への活動資金の助成事業

Activity Report

『認定NPO法人 ひこばえ』様群馬県 / 助成金額:800,000円

目録贈呈の様子

活動名

DV等の母子貧困家庭の子どもと母親への「無料学習会」と 「こころのケア」の実施

概要

DV等で離婚後の母子は自責の念を抱きながらも貧困に耐え懸命に生きています。傷つけられた母子の二次被害を防止し、心身の尊厳の回復と自分らしい人生が歩みだせるよう、「母子のメンタルケア」と、生活基盤となる「学習態度」を子どもたちに身につけさせる支援を行います。同時に離婚後に精神的負担を与えている「面接交渉」の相談・同行支援を行うことにより、母子が安心して日常生活を過ごし、学習できる環境の提供をめざします。

中間報告
手作りのケーキにキャンドルでクリスマス会 1

中間報告

201709/21

NPO法人ひこばえ 中間報告(2017年2月15日 現在)

[活動に至る背景]

母子家庭の子供の2人に1人が貧困状態にある。DV等で離婚する場合、加害者側は慰謝料も養育費も出さないケースが多々ある。子どもたちは離婚の原因は自分にあると自分を責め、不安で自分の心を傷つけ、勉強する環境ではない。母親を助けるために中卒で働くとなると、その後の人生にも影響がでる。また、貧困もDVも考え方・価値観に連鎖することが、これらは教育で解決できる。「教育はライフラインである。このライフラインに格差があってはならない」をモットーに、将来ある子どもたちが自分らしく生きられるよう、大人の責任として、DVと貧困の連鎖を断ち切るべく活動を始めた。

[活動状況]

1.毎週土曜日、午後2時~4時までの2時間、貧困家庭の子どもたちに「学習会」を行っている。「学習会」の終わりには、子どもたちの気持ちを言葉にしたり絵にしたりして自己表現訓練「心のケア」を実施している。

2.学習以外に「野外体験(日帰りキャンプ)」や、「ハロウィンパーティー」、「クリスマス会」等のお楽しみ会も行い、母子で共同作業を楽しんだ。3月、4月には「卒業生を祝う会」「入学を祝う会」を行う。

3.DVなのに面会交流させなければならないことで悩む母子の支援、離婚調停中の同行も行っている。

[成果(アピールポイント含)と反省点]

・「遊び」も学習であるという考えの下、学習会の合間に、若い講師が一緒になって、かけっこ、鬼ごっこなどで思いっきり体を使って「遊ぶ」工夫をしているので、子どもたちは毎回活き活きとして通ってきている。

・「心のケア」を継続して行っていることで、子どもたちが自分の気持ちを言葉にできるようになり、以前よりもしっかりした感じが出てきている。学習は教えるが、「心のケア」をしているところは群馬県では他にはない。

・子どもたちが自分の心にだけ溜めておいた家族への心配、自分の不安を講師に話すようになってきている。信頼関係ができているということであり、幣団体が子どもたちにとって安心・安全の場になっていると思われる。その反面、講師がそれをどう聴くかという講師側の態度、技量が問われる。守秘義務を守る、人権侵害をしない聴き方話し方の訓練、講師の心構えも伝えていく必要がでてきている。

・講師側も「心のケア」を一緒にすることで、自分の内面を見つめていくことをしていきたい。ともに成長していかなければと感じている。

  • お面とカップを作って、ハロウィン乾杯!
  • キャンプ場で火をおこし、野外体験
  • 手作りのケーキにキャンドルでクリスマス会 1
  • 手作りのケーキにキャンドルでクリスマス会2
現在位置は
このページのトップへ戻る