メニューボタン

ドコモ・モバイル・サイエンス賞

移動通信・情報通信の研究開発等の業績に対する褒賞事業

Winner / Ceremony

第18回(2019年)

このたび、「第17回ドコモ・モバイル・サイエンス賞」の3部⾨に応募いただいた研究業績の中から、「先端

技術部⾨」「基礎科学部⾨」「社会科学部⾨」の受賞者を決定しましたので発表いたします。

なお、10⽉18⽇(⾦)午前11時よりANAインターコンチネンタルホテル東京において、授賞式を開催いたします。

先端技術部門の受賞記事です

優秀賞CMOS集積回路による超高速ミリ波無線機の研究開発

東京工業大学 工学院 電気電子系 教授
岡田 健一(オカダ ケンイチ)氏

授賞理由

岡田氏は、従来CMOS回路の無線機の未踏領域であったミリ波帯において、世界初のダイレクトコンバージョン方式により16QAMの無線通信を実現した後、64QAMによる50Gbpsへと高速化を実現させた。さらに70-105GHz帯において世界最高伝送速度となる120Gbpsを達成した。

モバイル端末等の急速な普及により、無線通信は現代社会を支える根幹技術の一つとなっている。岡田氏の研究業績は、高周波数帯を用いた無線機における、超高速伝送のみならず、小型化・低消費電力化にも大きく寄与し、5G無線技術の実現ならびにBeyond 5Gへの貢献が期待される。

基礎科学部門の受賞記事です

優秀賞移動通信電源用フッ化物イオンシャトル二次電池の反応開発

京都大学 産官学連携本部 特定准教授
湊 丈俊(ミナト タケトシ)氏

授賞理由

湊氏は、リチウムイオン電池を大きく超える高エネルギー密度が期待できるフッ化物イオンシャトル二次電池の充放電可能な電極反応を有機電解液によって世界で初めて実証した。さらに、X線回折、X線吸収分光法、光電子分光法、電子顕微鏡などによって反応機構を解析し、電解液の組成制御によって性能劣化を防ぎ、サイクル特性を向上させる方法を開発した。

二次電池は、電気自動車や移動通信デバイス等の成長産業における日本経済のキーデバイスとして、近年高い注目を浴びている。湊氏の研究業績は、IoT時代において今後ますます重要になると考えられ、移動通信機器の小型化・長時間駆動など、革新的な応用が期待される。さらなる研究進展により、高性能かつ低コストな二次電池が実現すれば、社会インフラの概念が大きく変わるインパクトがある。

社会科学部門の受賞記事です

優秀賞社会活動の理論的研究およびそれへのスーパーコンピュータの応用

理化学研究所 計算科学研究センター 研究員
村瀬 洋介(ムラセ ヨウスケ)氏

授賞理由

村瀬氏は、複雑な社会モデルの解析に関して、マシンラーニングやスーパーコンピュータを活用する事例を示した。集団分極化や社会的ジレンマといった社会科学的課題に対する、膨大なデータを用いた数理モデルの構築と精緻化によるアプローチは、社会シミュレーションの新たな地平を拓いている点で顕著な業績と言える。人間関係のダイナミズムを現象論的にモデル化する一方、公共財ゲームの協力戦略といったゲーム理論的な研究にも精力的に取り組み、今後の国際社会のありようにも一石を投じるものと考えられる。

意見の先鋭化や社会の分断化が加速する現代社会において、従来とは異なる視点による理論と実証による融合研究は、集団の多様性の創出・維持・管理に関する有益な知見を与えるとともに、社会学研究におけるスーパーコンピュータ応用の可能性を高めるものとして評価できる。

現在位置は
このページのトップへ戻る