メニューボタン

ドコモ奨学金

社会的養護出身者とアジア諸国からの留学生に対する経済的支援事業

Activity Report

修学報告

202011/18

2019年度ドコモ奨学金(社会的養護出身者): 2期生 2020年度前期修学報告

R.Nさん
将来の夢:水族館職員

2年生の前期があっという間に終わってしまいました。この前期は新型コロナウイルスの影響を受け、Zoomを用いたオンラインでの授業からスタートしました。色々と慣れないことばかりで、授業をひとつ受けるのも大変でした。しかし、オンラインでの授業を通じて色々と学んだり、再認識することがありました。

その中でも、友人や仲間の存在の大きさ、大切さがとても身に染みました。クラスの仲間たちが大変な時でも必死に学ぶ姿をみて、自分も頑張らなくてはという気持ちにさせられました。あと半年で別々の道に進むことになりますが、これからも大切な仲間として関わっていきたいと思います。

オンライン授業を受け、その後、分散登校が始まり久しぶりに友人たちと再開しました。みんな元気そうでとてもほっとしました。そして現在はクラス全員が毎日学校に登校できる状態まで落ち着きました。

このコロナ禍で色々と大変でしたが、それと同時に色んなモノを得ることが出来ました。
まだ新型コロナウイルス感染症は収束していませんが、残り半年、油断することなく気を引き締めて生活をしていきたいです。

R.Eさん
将来の夢:美容師

一人暮らしと専門学校が始まって約1年と半年が経ちました。
食事の方では自分で作るのと外食が半分半分になり栄養バランスは偏ってしまったかなと思います。生活面では洗い物や洗濯物は洗う日が安定してきて上手くこなせていますが、疲れてしまった時などは変わらず後回しにしてしまうこともありました。また、部屋はさらにものが増えてきて、片付けが大変でした。

お金に関しては、1年半が経ち使い方には慣れてきて家賃や光熱水費、携帯料金のことをしっかり考えながら使い、管理にも気をつけることが出来たのでこれからも頑張りたいと思います。

学校の方ではクラス替えがあり半数の人が変わってしまいましたが、すぐに仲良くなり去年よりも早く話せるようになりました。去年よりも全体的に仲がいいので過ごしやすいなと思います。授業の方では実技と学科の試験でどちらも合格出来ました。実技試験の課題がとても苦手だったため日頃から苦戦していましたが、練習のおかげで合格出来たのでよかったです。

専門学校生活は残り半年となり、今は就活中なので行きたいサロンをみつけそこに行けるように、技術やコミュニケーション力を磨いて「お客様を幸せにする美容師」になれるよう精一杯頑張りたいと思います。

K.Yさん
将来の夢:スポーツ管理栄養士

学校では2年生になり、新型コロナウイルス感染症の影響で去年とは違うオンラインという形での授業となりました。4月、5月は全く学校がなかったため、7月、8月にある夏休みを使い前期が終わりました。

初めてのオンライン授業では慣れないことが多く、また、学校に行けなかったため、たくさんの課題が出て大変でしたが、無事に終わらすことができました。

また、コロナ禍での就職活動をしました。私は飲食業を希望していましたが、とても難しいと言われたので、たくさん面接を受けました。不安と焦りの毎日でしたが、無事内定をいただくことができました。

アルバイトでは、2ヶ月間の休業を挟んだため節約生活をしていましたが、6月に再開し、週5回、頑張っています。コロナの関係で従業員の人数が減らされているので、とても大変ですが日々頑張っています。

あと半年の学生生活を大きなミスなく卒業できるよう、また、学校生活とアルバイトが充実したものとなるよう頑張っていきたいと考えています。

M.Wさん
将来の夢:児童養護施設職員

新型コロナウイルスの影響で、学校ではオンライン授業、アルバイト先は休業となり、生活形態は大きく変化し、最初は戸惑いと不安がありましたが、周りの人の支えを受けながらですが前期を終えることが出来ました。今では、後期の授業に入り少しずつですが、週2回学校に直接行き講義や演習を受けることが出来ています。また、アルバイトも始まり、課題との両立で少し大変ではありますが、将来の一人暮らしという目標に向けて頑張りたいと思います。

これからは、さらに肌寒くなり風邪をひきやすくなるため、引き続き生活習慣・体調管理に気をつけていきたいです。また、来年は専門分野での授業が増えるため、自分自身と向き合い成長できるよう、さらに学業に力をいれていきたいと思います。いつもご支援いただきありがとうございます。

Y.Mさん
将来の夢:保育士

短大2年生になってからは新型コロナウイルスの影響で学校も休みになりバイトも1ヶ月間休業になってしまい大変な日々が続きました。しかし、6月頃からは少しずつバイトも学校もはじまり普段の生活に戻ってきました。2年生になってからは少しずつ就職を考えるようになり、見学に行ったり、調べたりするようになりました。勉強に関しても本当は前期にあった実習がなくなり後期になってしまったので、それに向けての準備をしました。

1年生のときは観察実習だけでしたが、2年生は部分実習や責任実習など子どもたちの前で手遊びや、ピアノを弾かなくてはなりません。また、事前に計画書を作成するなど、今までよりもやらなくてはならないことが増え、そのための準備を授業で行ってきました。後期の授業が始まってすぐ実習が始まり体力的にも精神的にもしんどい日が続きました。

しかし、将来の夢である児童養護施設の職員になる為にはやらなくてはならない実習です。実習が続き大変ですが実習を通して色んなことを経験して就職した時に役立てたいです。

N.Tさん
将来の夢:看護師

春休みが終わりを迎える直前に、新型コロナウイルスの影響で急遽対面授業ができないという発表があり、オンライン授業にて新学期が始まりました。慣れない授業形式であったり、1人で勉強するという形なので集中力が持続できないことがあったりと大変でした。また、並行して春休みからしていた老人ホームのアルバイトも継続していたので、自分の時間があまりありませんでしたが、一方でたくさんの学びを得ることができました。

6月に入り、対面授業が始まり4ヶ月ぶりに友達と会いました。夏休みより長い期間会っていなかったので、とても嬉しい気持ちになりました。新型コロナウイルス感染症の拡大は、友達と会えないきっかけにもなりましたが、反面、友人がいることの大切さに気付くきっかけにもなりました。

新型コロナウイルスの脅威が迫っていたからこそ、改めて日常での感染予防の大切さがわかり、意識しながら行動することの習慣が身につきました。また、全国で深刻な被害が出ていますが、皆が同じ条件下で生きているので、早く収束することを祈りながら秋学期の授業を頑張っていきたいと思います。

T.Tさん
将来の夢:税理士

新型コロナウイルスの影響もあり、3月から自宅学習期間となり施設の方で勉強をしていました。5月の下旬になるとようやく学校での授業が再開し、6月からは本格的に答練期として過去問演習などを繰り返し、来年の試験に向けての学習に取り組みました。夏休み明けの9月から再び授業がスタートしましたが、新型コロナウイルスの影響もあり授業を受けられなかった期間がかなり長く、スマホを持っていないこの状況ではオンライン映像の授業も受けることができず、かなりの遅れをとってしまいましたが、6月からの答練を繰り返すことにより、少しずつ遅れを取り戻し、9月からの授業に取り組んでいます。そして、来年の8月の税理士試験に合格できるように今まで以上に勉強に向き合い努力していこうと思っています。

生活状況としては、特に変わりはなく施設での勉強も捗っています。3月には施設を退所するため、事前に準備や計画を立てて学習面に影響が出ないように頑張っていきたいと思います。

K.Tさん
将来の夢:公認会計士

大学も2年の前期が終わりました。今年は新型コロナウイルスの影響もあり、大学の授業はオンラインでした。自粛期間中は家で勉強することとなり、今までとは違った大学生活となりました。8月には税理士試験があったため、それに向けて勉強していました。レベルが上がるにつれ問題も難しくなるため、毎日朝から夜まで会計について学んでいました。次の試験は来年の5月にある公認会計士の短答式試験なので今はそれに向けて勉強しています。理論の問題が多くなり、覚えることも多くなりました。また、理解するまでしないと身に付かないのでひとつひとつ確実にできるように地道に頑張っています。試験までまだ期間はありますが、集中が切れないように息抜きもしながらやっていきたいです。

生活面では、料理も上達してきて栄養が偏らないように気遣っています。また、帰宅する時間が遅くなることが多く、寝る時間が短くなったりしているので、しっかりと睡眠時間が取れるように効率よくしていけたらと思います。

今は日本を含め、全世界が新型コロナウイルスの影響で経済が悪くなっています。自分が就職するときに社会がどうなっているのか分かりませんが、どのような状況の中でも活躍することができるように公認会計士の資格取得を目標に日々頑張っていきたいと思います。また、支えてくださっている方々への感謝の気持ちを忘れずに、一日一日を大切に過ごしていきます。

M.Yさん
将来の夢:理学療法士

本来は4月から新学期がスタートする予定でしたが、コロナの影響で6月からとなりました。
また、自粛期間はアルバイト先が休業し、買い物以外は一日中、家で過ごしていました。
新学期がスタートすると、休校していた分、毎日の授業数が増えたので一つ一つの教科の勉強をこなしていくのが大変でした。そして、今は沢山のテストに追われています。
しかし、緊急事態宣言の時は学校で友達と授業を受けることができなかったので、コロナ対策に徹底しながらですが授業を受けられている今の環境をとてもありがたく感じています。

アルバイト先は営業を開始しましたが、まだお客様が少ないため、あまり出勤させてもらえない状況です。そのため、テスト期間が終わったら新しいアルバイト先を探そうと思っています。
また、新型コロナウイルスのことを考えると友達と気軽に出掛けることを躊躇してしまうので少し寂しく感じています。

このような状況の中では、どうしても物事をネガティブに考えがちですが、目標を見失わず後期からも自分の夢に向かって勉強に励みたいと思います。

現在位置は
このページのトップへ戻る